ありがとう さようなら

SCHEDULE
7月
23日 嵐コンin横アリ

8月
 7日 Film Festa
17日 ジャニーズ大冒険
19日 ジャニーズ大冒険
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
SELECTED
ENTRIES
RECENT
COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
PROFILE
OTHERS

更新すっとぷ

ブログ移転
<< NEWSグッズ決定 | main | ごくせんも祝・卒業 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |

祝・卒業
私も中学校を卒業してきました。

まったく実感がなくて、またあの制服を着てあの学校に行くことがないと思うとさすがに実感がわいてきます。

卒業式始まったときは卒業証書授与のとき間違えないかで頭がいっぱいだった。
色んな方の言葉を聞いたりして涙が出そうで我慢してた。
けど卒業式が終ってすぐつむが珍しく泣いてたのにもらい泣きをした。

思ったより泣かなかった。多分まだ本当は実感がないんだろう。
だって「さようなら」じゃないから。「これからもよろしく」だと自分で思っていたから。

卒業式のあとは最後の教室でもらったお赤飯をOPTNの4人で食べたとき本当に最後だって思った。最終下校時刻にも関わらず3年間お世話になった中高一貫の教頭先生とお話もした。

職員室に4人で行って「今までお世話になりました!!」って先生方に大きい声であいさつした。先生達からいただいた拍手に感動して反抗してた3年間に少し反省した。

終って7時まで遊んで、最後は4人で泣いて別れた。「また今度ね」って。




2年前の4月9日。入学式だった。
私は中学受験をして公立ではなく私立の中学校に入った。
実は知ってる人が3人もいた。幼稚園から一緒だった奴もいてびびったりもした。
けどほとんどが知らない人で新しい環境に慣れるのに不安だった。

私はあの日最初に教室に入ってた。積極的に友達を作ると気合いを入れてた。
そして私の次に入ってきた1人の女の子に話し掛けた。

それが瞳との出会いだった。

この頃はこんなにかけがえのない友達になるなんてお互い思ってもいなかっただろうに。

順調に友達も作っていった。

まだあの頃の私は小学校の性格が残ってて人として最悪の人間だった。
悪口もたくさん言った。仲間外れもしてたときあった。今思うとくだらないことにすぎなくて・・。

けど瞳とはずっと一緒にいた。

部活も当時の3年生が大ッ嫌いで、何回も部活をさぼった。その結果が出たのか初めての文化祭での舞台1日目はダンスを間違えた。

まさか1年後部長になるとも知らず・・。


2年生。やっとみんなも慣れただろう、学校の環境。
瞳と同じクラスになれたことだけ嬉しかったのを覚えてる。


忘れもしない春の日の木曜日。起きてはいけないことが起きた。
少し関わってた自分が音楽の時間に呼び出しくらったのを今でも鮮明に覚えてる。

その事件は私達にとっても先生達にとっても大きい事件となっただろう。
何人泣いたか。どんぐらい自分も泣いたんだろう。
それがきっかけで退学した友達が2人。悔しさでいっぱいだった。
クラスの一部も私と同じ気持ちだっただろう。

そっから私達の団結力が変わっていったんだと思う。

夏休み、クラスの人と何回も遊んだ。花火もした。
合唱コンクールの練習のため学校に行ったことだってある。
男子と仲良くなり始めたのもこの頃。

文化祭、9月6,7日だった。7日の嵐コンに学校帰り行くことで頭がいっぱいだった。
部活の発表が終ってすごいお世話になった先輩が引退するときに言った。

「次の部長は●●●(私の名字)だから!」

驚きを隠せなかった。まさか自分が部長になるなんて全く思っていなかったから。
どうすればいんだろうって思ってた。

体育祭もクラスをまとめてくれた奴のお陰でまとまってたと思う。
合唱コンクールなんて更に団結力が深まってた。
毎日楽しかった反面、すべてがボロボロだったあの頃。
クラスの人の笑顔にたくさんたくさん助けてもらった。
本当に感謝してる。

顧問(現3年生担任)に進められてなんとなく入った生徒会。
この頃はよく「なんであたしここにいるんだろう」って思ってた。

そして3学期。2年間お世話になった先生がクラスのみんなに言った。

「先生、学校を今年いっぱいで辞めるんです。」

この頃、先生に迷惑かけっぱなしだったから私達のせいで辞めるんだと思ってた。
ずっと泣いたのを覚えてる。

終了式、来年の卒業式にみんなの呼名が出来ないからって最後に1人1人の名前を呼んでくれた。涙があふれてしょうがなかった。

2年A組という最高の仲間と最高の先生とで過ごした最高のトキ。
ほとんどの人が2年生のときが最高だったんじゃないかと思う。


3年生。正直乗り気じゃなかった。みんな2年のときの思い出が強かったんだろう。
最初の頃はみずきにもかなり気を使ってた。今じゃ考えらんないけど。

やっと2年生のときよりお互いをさらけ出してきたとき、オーストラリアへの修学旅行があった。ファームの生活と学校訪問とムービーワールドと日本食がめっちゃ恋しかったのを覚えてる。
一番楽しかったのが最初に泊まったホテル。未だに部屋番号は覚えてる。
【0711】だった。

日本に帰ってきて最後の文化祭に向けて部活でのダンス作りに力を入れ始めた。

文化祭のときは最後のダンスで涙を浮かべながらダンスをして、後輩が舞台の上で花束をくれたのが昨日のことのように思い出される。
まさか花束をくれるなんて思ってもいなかったし、後輩もたくさんなついてくれたから部活を引退したくなんかなかった。


体育祭はたくさん苦労した。2年生のときとはまったく違ったから。
でもやっぱり3年生。準優勝だったっけかな。

そして10月。親の許可も得て本格的に受験勉強スタート。

合唱コンクールでは体育祭より苦労して何回も泣いた。
毎日泣いてたときだってある。れいたんとも何回もすれ違ってケンカした。

でも努力のかいあって優勝。すっごく嬉しかった。

そこからは友情の深まりが思い出だ。

そして受験シーズン到来。約1ヶ月前の話なのにもう思い出となってる。


そして本当に卒業間近。今ではもう卒業。

思い返せば本当に毎日行事だった。本当に仲間を得た3年間。大事なものを見つけた3年間。

卒業式、やっぱり瞳が隣にいた。瞳だけじゃない、つむもみずきもいる。
本当の仲間。うちらはこれからなんだ。

3年間得た仲間ともこれからなんだと思ってる。

今日のこと、いつまで覚えてるんだろう。
でも仲間のこと、いつまでも忘れないと思う。そのくらい濃かったから。

中学校3年間ありがとう。これからもよろしく。



さて3年後、高校生活を終えたとき今度私は何を思うんでしょうか。




かなり長い文章になりましてすいません。暇なときにでも少し目通していただけると嬉しい限りです。


では今日はこの辺で。
| - | 22:35 | comments(0) | trackbacks(0) |

スポンサーサイト
| - | 22:35 | - | - |










http://shigemaki.jugem.cc/trackback/335